河童の裏庭

雑多な感じ

日本と海外の喫煙事情はなぜこうも異なるのか?

 

http://www.flat23.com/wp001/wp-content/uploads/2014/11/medium_18211729.jpg

「smoking kills」 ”吸うと死にます”とでも訳せばいいのだろうか?僕自身も喫煙者だからか、海外でたばこを買おうとすると、こういった直接的なメッセージに過敏に反応してしまう。国によって異なるのだろうが、ほかにも、たばこのパッケージ上半分に喫煙により傷んだ…というより腐ったといった方が的確だろうか、とにかくグロい画像とともに喫煙に警鐘を鳴らしているものもある。

どうやら海外では、「たばこは有害なもの」という認識が強くなされているようだ

勿論日本においても、その有害性は指摘されており、

「人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます」

とパッケージにも警告文が添えられている。…が、上のような警告に比べるとどうもインパクトに欠ける。

これだけ見ると、海外の方が禁煙対策が進んでいるのかな?とも思えるが、実際のところはどうなのだろうか

 

 

 

――つい先日、卒業旅行で香港に行ってきたが、そこで日本との喫煙事情の違いというものをまざまざと感じた。まず驚いたのが、屋内禁煙が徹底されていることだ。大衆食堂チックな料理店は勿論、居酒屋やバーといったところでも吸うことはできず、喫煙するには屋外へ出なければならない。一方、外は基本的に喫煙が許されているらしく、一歩店の外に出れば、愛煙家達が紫煙を燻らせている。道路には至る所に大きな灰皿が設置され、道端には無数の吸い殻が捨てられている。人の往来が激しい雑踏のど真ん中でたばこに火をつける人やたばこをポイ捨てする人も珍しくなく、同じ喫煙者として、路上喫煙のマナーの悪さが目立って見えた。

調べてみると、どうやら香港に限らずアメリカやヨーロッパ諸国といった先進国は殆どが、屋内禁煙を徹底し、屋外では基本的に喫煙を容認している、というスタンスらしい。喫煙に関して先ず路上喫煙禁止を推進してきた日本とは、まさに真逆の喫煙事情だ。

 

 

――では何故、日本と海外とで喫煙事情がこれ程に異なっているのか?

巷では、「日本は屋内でも喫煙が可能であることから、日本の禁煙対策は低レベルだ」と言われている。屋内禁煙が徹底された海外と比較すると、日本は「未だに」屋内で喫煙ができる野蛮な国のように映るのだろう。…が、だからといって日本の禁煙対策が海外に比べ遅れていると決定づけるのは少々短絡的だと思う。

声を大にして言いたいのは、日本と海外で喫煙事情が異なるのは、日本の禁煙対策が遅れているからではなく、日本と海外でたばこに関する認識が異なっているからだ、ということ。

 

 

――上で書いた、たばこの警告文ひとつとっても分かるように、海外においてたばこというものは、「健康に影響を及ぼす有害なもの」という認識が強い。そのため、副流煙を吸う危険性の高い屋内を全面的に禁止し、受動喫煙の危険性の低い屋外での喫煙は認められている。

では日本でたばこはどのように認識されているのか?最近になって、受動喫煙の危険性等も指摘されつつあるが、それよりも、たばこは日本において、「周囲に不快感を与えるもの」という認識が勝っているように思う。路上喫煙に規制が入ったのも、歩きたばこ等の、他者への被害防止といったところが大きく、JTのCMなんかでも、「吸う人も吸わない人も快適な社会に」というメッセージの下、周囲に被害を与えないために歩きたばこの防止や分煙を推進しているような節がある。また、最近iqosが日本で爆発的に広まったのも、火や煙といった「他者に被害を与えるもの」が発生せず、周囲に迷惑をかけずに吸うことが出来るという点が、一つ大きな要因として考えられるだろう。

 

――海外の人たちから見れば、日本は未だに室内での喫煙を取り締まっていない野蛮な国だと思うかもしれないが、日本人である僕から見れば、海外は「屋外は受動喫煙の危険性が低い」という名目を後ろ盾に、やりたい放題路上喫煙している野蛮な国に映るのだ。

 

日本と海外とのこういった喫煙事情の違いは、たばこの規制に際して、有害性が高いという側面を重視したのか、周囲に迷惑をかけるという側面を重視したかの違いであって、どちらが正しいというものではないように思うし、どちらの規制施策が優れているかという断定はできないように思う。

 

 

――そんな中、現在の日本国内では、2020年の東京五輪開催に向けて、公共施設の屋内を全面禁煙にしようとする動きが活発化している。

飲食店の全面禁煙を提言 厚労省、「たばこ白書」を15年ぶり改定
http://www.sankei.com/life/news/160831/lif1608310024-n1.html

 厚生労働省の専門家会合は31日、受動喫煙が肺がんの危険性を確実に高めることなどを盛り込んだ「たばこ白書」の改定案を了承した。白書の改定は15年ぶり。公共施設や飲食店など不特定多数が利用する室内の全面禁煙を提言した。

 

 受動喫煙の危険性よりも周囲への悪影響というのを重視し規制を施してきた日本が、さらに受動喫煙の危険性に対して、公共施設の屋内全面禁煙に乗り出さんとしているのだ。一人の喫煙者として率直に言えば、吸えなくて不便で悲しいというのが正直なところだが、たばこの有害性が科学的に証明されている昨今において、受動喫煙のリスクが高い屋内での喫煙を防止するのは妥当であるように思う。各業界からの反発など、障壁は大きいだろうが、何とか実現してほしい。

――世界各国で行われている「禁煙」というチャレンジで、日本は金メダルを獲得出来るのか、果たしてーー