河童の裏庭

雑多な感じ

東名高速夫婦死亡事故に思うこと。...やっぱりDQNとは関わりたくない

www.iza.ne.jp

嘉久さんは手前のパーキングエリアで、ワゴン車の進路をふさぐように駐車していた石橋容疑者を注意したという。

 怒った石橋容疑者が高速道路上を約1キロにわたって追跡。後ろから接近した上、前に割り込んで減速し、一家の車を追い越し車線上に停止させた。車から降りて嘉久さんの胸ぐらをつかむなどした直後に、後ろから来たトラックがワゴン車に突っ込んだという。

 

最近頻繁に流れるこのニュース。

大変に胸糞悪い気分にさせられたニュースだ。

正しいことをしたはずの人間が悲しい目に遭う、そういった類のものを見るたびに、やり場のない憤りと共に、ただただやるせない気持ちになってしまう。

 

 

 

容疑者男性のような所謂DQN、こういう野蛮な人種が、身の回りにいることがもう恐ろしい。

そして、

「ああいうDQNには近づいてはいけない」

「触らぬ神に祟り無し」

と、自らに言い聞かせる。

 

 

――仮に遭遇したとして。

DQNが迷惑駐車をしていたとして。

見て見ぬふりをして、それで終わりだ。チラッと横目に見て不快感を蓄えつつ、次の瞬間にはもう、通り過ぎた過去の光景として扱い忘れ去る。

関わってもろくなことがないんだから。

危険を冒してまでああいう人種を更生させる義理は無いし、正義の名の下に鉄槌を下す義務もない。

奴らが自身の生活領域に踏み込んでこなければそれでいい。

 

――きっとこれが、処世の術としては最適解なんだろう。

最適解だからこそ、多数の人が見て見ぬ振りを決め込んでしまい、結果として、ああいう人種のモラルに欠けた振る舞いが世に蔓延ってしまうんだろうが。

 

 

 

 

「何をしでかすか分からない」そういう危険性を孕んだDQNに、面と向かって注意をする勇気は、僕にはない。

それでいて、そういうDQNのモラルに欠けた反社会的振る舞いに、僕の穏和な日常生活が勾引かされて欲しくないと願ってもいる。

 

DQNと関わらないのが処世術として最適解だからという理由で、見て見ぬ振りして過ごしておいて、その最適解が結果としてDQNを世に跋扈させることになると分かっていてなお、奴らが蔓延る日常は嫌だとのたまう。

 

ーー狡いな、と思う。

 

 

僕の日常に潜む反社会的な危険因子、それが、僕と関わりの無い何処かで、僕と関わりの無い誰かによって取り除かれ、そうした振る舞いに明け暮れるDQNに正義の鉄槌が下ることを望んでいるんだ。

 

ーー全くもって狡い考えだ。

 

 

 

中には、今回の被害者のように、危険を顧みずDQNに面と向かって注意をする、彼らのモラルに欠けた振る舞いに喝を入れる、そういうことのできる強い人間も、少数ながらいるんだろう。その人たちに重荷を押し付けてしまっているような、罪悪感にも近い感覚。

 

 

 

 

ーーなんだろう。

冒頭のニュースを見る度に感じるやるせなさは、こういう感覚に起因するものなのかもしれない。

正しいことをした筈の人間に災禍が降り注ぐ、そんな世の中への絶望と、自身は神風主義を貫きながら、被害者のような強い人間に寄りかかっていた罪悪感がごっちゃになって突き付けられ、どうにもやるせない気持ちに落ち込んでしまうんだろう。