河童の裏庭

雑多な感じ

町田総合高校体罰問題に思う”バランス”の怖さ

www.sankei.com東京都町田市の都立町田総合高校で、生活指導担当の50代の男性教諭が、高校1年の男子生徒(16)の顔を殴るなどの体罰を加えていたことが18日、都教育委員会への取材で分かった。暴行の場面を撮影したとみられる動画が無料動画サイト「ユーチューブ」に投稿され会員制交流サイト「ツイッター」で拡散。生徒が教諭に「ツイッターで炎上させるぞ」「小さい脳みそでよく考えろよ」などの暴言を浴びせた後、教諭が暴行する様子が収められていた。都教委は処分を検討している。

 

生意気なクソガキだと憤慨せずにはいられないこのニュース。

皆さんもきっとそうだろう。

 

 

 

ーーこういった事件が世間に浮き上がる度、体罰の是非に関する議論が、それはもうあちらこちらで頻発する。

 

この種の議論を、バランスの取れた折衷論で終わらせようとする風潮が、嫌いだ。

 

 

 

 


教師による体罰の禁止は、学校教育法に定める所によるもので、今日では当たり前のものとして、大人から子供まで、皆が共通認識として持っている。


そんな昨今において、こうした事例ーー体罰の禁止というルールを逆手に取ったような悪質な事例が浮き上がる度、体罰は本当に禁ずるべきか?といった議論が侃々と行われる。

 

 

こういったジャッジの難しい体罰問題はいつも、「如何なる理由があっても体罰はいけない」という考えと、「ルールを逆手に取った生徒が悪い!体罰も止むなし」とする考えとが激突して、世間を騒がせる。メディアの報道と比例するように世間の議論が活発化し、「じゃあ結局ベストな落とし所って何処なのよ」っていう所で、「勿論体罰は駄目だが、この生徒の挑発行為も悪質」とした上で、体罰に至ることなく生徒を指導するべきだった」といった理想論を持って纏めあげられてしまい、収束していく。


その是非について激しい議論がなされ、そこから現れる折衷案めいた理想論で、事件も議論も沈静化し、色褪せていくのだ。


客観視するなら建設的とも思えるが、果たして本当にそうなのか。

ーーもういい加減にこの流れ、何とかならないものか。

 

 

 

 

同じようなことは少年法にも言える。

川崎市中1男子生徒殺害事件のような、少年による悪質極まりない事件が起これば、国民感情は不良少年を何とか断罪せんとして、少年法不要論を声高に叫ぶ。

それに対して、弁護士や教育評論家といった立場の人間が、感情論を抜きに既存の法制度や個別事情を勘案して少年法は必要だと述べる。


不要論と必要論とが出揃い、両者の意見が世間に広く認知されたタイミングで、結局バランスが肝要だとか、都度事情を斟酌して慎重に判断すべきといった、なんとも判然としない有耶無耶論が間から湧き出てきて、それがベストと言わんばかりに、議論を収束へと導いていき、気づけばもう、議論もニュースも過去のものとして扱われる。

 

 

 

 

話が少し逸れたが、体罰問題も少年法適用事件も、「どちらの事情も勘案した上でバランスが求められる」といった落とし所を以って収束した案件は枚挙に暇がないが、どうもそこから一向に前進していない感がないだろうか。

 


今回の町田総合高校体罰問題に関しても、「体罰は禁止されているが教師が生徒に暴力を振るった」という客観的な規則違反の側面と、「生徒が体罰の禁止を逆手に教師を嵌めた」という生徒側の悪質さを併せ持つ、それこそ教師と生徒の「どちらの事情も勘案した上でバランスが求められる」案件であり、バランスを考えた上で、教師に責があるのか、生徒が悪いのか、はたまた両方悪いとするのか。

両方だとして、それはどういった配分で責を問われるのか?

双方の事情を鑑みた上で、これらをジャッジすべき案件である筈だ。

 

 

「どちらの事情も勘案した上でバランスが求められる」

そんな案件が世間に顔を出しては、やれ暴力は絶対に駄目だの、この件は生徒側に明確な悪意があるだのと騒ぎ立て、今回に関しても、結局"バランス"という言葉がどこからか浮き上がり、その言葉の耳障りの良さからくる妙な説得感だけを残して、世間から忘れ去られる気しかしない。

 

 

 

この体罰問題について、学校側の意見は今回も、「如何なる理由があっても体罰は駄目」という通り一遍なものだが、生徒サイドにも明確な悪意があり、世間もこの生徒を糾弾し、教師側の事情を汲む方向に大きく傾いている。


ーーここでまた"バランス"という言葉で終わらせてしまっていいのか。

 

 

 

 

 

今回の件に際して、刑事罰の観点で述べるなら、教師の振るった暴行が、教育的見地における生徒への懲戒行為の枠内に収まる行為なのか、はたまた私憤による暴力になるのかが、法が禁止する体罰に該当するか否かの分岐点であり、学校側の処分の根拠にもあたるところだ。


当然、そのジャッジには感情論は介在してはいけない。
そうした部分で、学校側は「如何なる理由があっても体罰は駄目」と、教師に責があるとするジャッジを下した。

勿論、こうした判断は粛々と事実関係に基づいて判断されるべきではあるが、これ程までに膨れ上がった、生徒を非難する国民感情を、今回の体罰問題に惹起され浮き上がった体罰の絶対禁止という一元的ルールの脆さを、しっかり勘案して判断する段階に来ているのではないか。


規範を遵守し、その規範から逸脱した教師に責があるとする学校側の考えは正しいとは思うが、今回のような一概にどちらだけが悪いとは言えない判断に難しい案件において、学校側の見解として「両者に責がある」とするような、一石を投じることは出来ないのだろうか。

 そういったジャッジに踏み切らせるためにも、「悪質な生徒にも然るべき措置を与えるべき」という、肥大化した国民感情は不可欠だ。

 

 

 

 


教師が悪いか生徒が悪いか、意見を発信する人間はそれをしっかり見定めて考えを持つことは大前提で、その結果浮き上がる大多数の結論が、「生徒にこそ責がある」という物なら、その大きな声は少数の理想論や折衷案を以って掻き消されるべきではないし、そのような形で収束して欲しくはない。 

  

 外野である僕らはただ、その是非を論じることしかできないが、そこから導かれる結論が、いつもの如く"バランス"という言葉で有耶無耶にされないことを祈るばかりだ。

 


ーー願わくば今回の体罰問題が、通り一遍で終わるこの種の議論を帰結させるものになればいいと、そう思わずには居られない。